お墓を建てることは一生のうち一度あるかないか・・です。

そのお墓にご縁のある方々のお気持ちが安らぐようなお墓を建てていただけるよう、お気持ちによりそってアドバイスをさせていただきます。

どこにお墓をたてるの?

お墓を建てる、「墓地」。
どこにお墓を建てるのか?を考えなくてはなりません。

みなさんがお参りしやすい場所に決めることが一番大切です。

現在、お墓を建てるところとして候補にあがるのは以下のような墓地です。

公営墓地

東京都や松戸市、など自治体(都道府県や市区町村など)が管理運営する墓地のことです。

  • 宗教の制限がありません
  • 永代使用料や管理費が比較的安めに設定されています
  • 自治体の運営管理なので霊園そのものがなくなる心配が少ないです(自治体の合併などで条件が変わることはあります)
  • 取り扱い石材店の指定がない場合が多いです

という反面、

  • 墓地によっては申し込みに制限があります(〇年居住している、お骨を持っているなどその墓地によって異なります)
  • 墓地によっては建ててもいい墓石に制限があります
  • 人気が高く、倍率が高いです

という面もあります。

まずはお住まいの地域にどのような墓地があり、ご自分が申し込み権を持っているかどうかを確認することが大切です。

※都立八柱霊園のご紹介をしています。
八柱霊園ガイド

※お墓のお引越し・新規建墓などご相談ください。

みなし墓地・部落墓地

昭和23年に墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)が制定される前から、墓地として使われていた場所を「みなし墓地」・「部落墓地」と呼んでいます。

畑の真ん中や、集落の一部、大きなお屋敷の一部にある墓地のこといいます。

墓地により事情が異なりますので十分に確認して作業をすすめることが大切です。

※当店で施工した例についてご紹介しています。
みなし墓地施工例

民間の墓地(墓地公園)

民間企業が運営する墓地です。

  • 利便性を重視し、サービスが充実している墓地が多いです
  • 制限があまりありません(自由なデザインの墓石を建てられる、お骨がなくても申し込みできる)

という反面、

  • 民間企業が運営しているので倒産の可能性がゼロではありません
  • 石材店は指定されることがほとんどです(自由に選ぶことができません)

という面があります。

寺院墓地

お寺にある墓地です。

代々檀家さんじゃないとダメなんじゃないか?と思われがちですが、新規の檀家さんを受け入れ可能な寺院はございます。

(八柱ですと、吟松寺さまをご紹介可能です)

お寺ですので宗派を気にされる方が多いですが、柔軟な対応をしてくださるお寺もございますので、お話しお聞かせください。

 

 

☆ 墓石セットプラン(展示品)、墓石・外柵・永代使用料セットプラン、墓石・外柵セットプランの事例はこちらでご案内しています

 

 

お骨はご遺体ですので好き勝手なところに埋めることは法律で禁止されています。
墓地を新しく作る時は都道府県の認可が必要ですし、埋葬するには「許可証」が必要です。

埋葬の方法や手続きについては「墓地、埋葬等に関する法律」で定められています。この法律は、第一条に「墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が、国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする。」とあり、亡くなった方のお骨がしかるべき場所に丁寧に保管されるよう配慮されています。

ちょっと面倒だなと思う埋葬の手続きも目的はそこにあります。

最近注目される散骨(海洋葬や樹木葬、宇宙葬というのもあります)についても、この法律を拡大解釈して行われています。

墓地が決まると、石材店を選んで墓石を選ぶことになります。

 

お気軽にお問合せください。うめ家石材店047-387-3834受付時間 8:00-17:00 [ 火曜定休・年末年始、お彼岸お盆除く]

オンラインでのお問合せはこちら