イトウさん
両親が亡くなり、お墓のある故郷には現在誰も住んでいないことから、わたしたちが住むところのそばにお墓の引っ越しを考えています。結構大変だと聞くのですが・・・

てる
一番大事なのは、ご親戚やお墓にかかわる方々、お引っ越し元のお寺を管理されている方としっかり事情をお話しておくことかと思います。

時々、「お墓の引越しを相談してすごい金額を請求された」などという報道を見かけますが、大変残念なことです。ほとんどのお寺は良心的に対応してくださるはずです。

お墓の引っ越しをするときに注意していただきたいことをあげてみます。

  1. まずはお墓の引越しを検討していることを、現在のお墓を管理しているところ(お寺や墓苑)に相談してみましょう。
    引越し先についてはご希望に沿うよう受け入れを整えることができます。引越し元(お寺や墓苑)でも相談し状況をよくお話してみるとよいお知恵をいただけるかと思います。
  2. 引越しを検討していること・引越し先はこのような感じで考えているということをお墓の関係者の方に、よくお話してみましょう。
    お墓の関係者の方とは、今までそこにお参りに来てくださっている方・納骨されている方とご縁のある方です。
    関係者のみなさんにお墓の引越しを強行することはおすすめできません。
  3. お墓のお引越しの業者はいくつか相談し相見積もりをしてみましょう。
    そこで「現状確認」をきちんとしない業者はあまりおすすめできません。
    お墓は地下にカロート(納骨堂)を持っているので、地上の様子だけでは見積できません。お骨が何体収蔵されているか、それがどのような状態かも作業に大きく影響します。
  4. 閉眼供養・開眼供養についてですが、
    一般的には引っ越し元のお墓で閉眼供養を行い引っ越し先のお墓で開眼供養を行うといいますがこれは宗派にもよります。
    引っ越し元のお墓を管理している方に相談をしてみましょう。

お住まいの地域の慣習・宗派によって考え方は様々です。

でも、お寺さんは事情を話したら親身になってくださると、わたしは信じています。
(そうでないお寺さんにあたったと感じていらっしゃるようでしたら相談してください)

それと、
お墓を動かすことは、そこへお参りにきている方にとっては手を合わせる場所がなくなるということです。
関係する方々と十分お話し合いをして円満にお引越しができますよう、サポートしていきたいと思っています。

お気軽にお問合せください。うめ家石材店047-387-3834受付時間 8:00-17:00 [ 火曜定休・年末年始、お彼岸お盆除く]

オンラインでのお問合せはこちら

八柱霊園参道 うめ家石材店

うめ家石材店外観
お墓を建てる、お引越しする、修理する、
お墓じまいをする・・・

お墓のことならなんでもご相談承ります。
どうぞお気軽にご相談ください。