白井聖地公園:お墓

山口県から千葉県白井聖地公園墓地へ、お墓のお引越しをお手伝いさせていただきました。

松戸市営白井聖地公園墓地

松戸市が運営する公営墓地です。松⼾市または⽩井市に1年以上住んでいることが申し込みの条件です。

お墓のお引越しのご相談

山口県ご出身のお客様は、こちらでの生活が長くなり故郷のお墓を現在のお住まいの近くへお引越ししたいというご希望でした。

当初は故郷のお墓はおしまいにして、こちら(白井聖地公園)で新しくお墓を建てたいというお話でした。

 

お話を伺っていると、お客様の故郷で長くお参りされてきた墓石が気になり、
故郷の墓石はどんな石で作られた墓石か、確認してみることをおすすめしました。

故郷の石材店に聞いてみると、その石は山口県黒髪島産の徳山御影石だとわかりました。

徳山みかげ石

山口県黒髪島産徳山御影石

山口県周南市の黒髪島産出の石。青みがかかった色合いが美しい、硬質で耐久性に優れた石です。墓石のほか国会議事堂に使われたことでも知られています。

故郷のお墓の様子

故郷のお墓は、このような感じでした。

お客様のお父様が建立された、きれいなお墓です。

山口県・黒髪島徳山みかげ石

 

 

JR貨物を使って陸路、茨城の加工場へ到着

墓石の解体、梱包、送り出しは山口県の野村石材さんが行ってくださいました。

遠路はるばるJR貨物で運ばれてきた墓石は、当社指定の茨城の加工工場へ到着しました。

こちらの坂口石材工芸さんは、長くおつきあいをさせていただいている信頼おける石材加工業者さんです。ここで墓石の加工をお願いしています。

当社の社長も墓石の確認&打ち合わせに伺いました。
発送元、野村石材さんの丁寧なお仕事ぶりに頭が下がります。

 

白井聖地公園の敷地に合わせて墓地デザイン

白井聖地霊園のお客様の敷地は、以前の敷地よりも広かったので再度デザインをしなおしました。

お墓はその地方独特の文化が強く残っています。
こうして直接、その地方のお墓文化に触れることができるのも墓石屋の喜びでもあります。

墓石のデザイン(カロートの位置など)が微妙に異なるのでそれも確認しながら新たなお墓として生まれ変わりました。

白井聖地公園:お墓

さてさて、新しい外柵に使われた石は・・・

新しい墓地を作るにあたって、外柵部分は新たに石を置く必要がありました。

どの石を使うか?!は悩みどころなのですが、稲田石をおすすめしました。

稲田石

稲田白御影石(いなだしろみかげいし)茨城県笠間市周辺で採掘される関東を代表する御影石のひとつです。東京駅から皇居へ延びる馬車道や日本橋に使われています。

稲田石(茨城県笠間)
お客様は浄土真宗。
浄土真宗の開祖である親鸞聖人は茨城県笠間市の稲田草庵で約20年間をすごし、浄土真宗の聖典である「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」を書き始めたと伝えられています。

お客様の故郷で、お客様のお父様が建てられた黒髪島産徳山みかげ石と、浄土真宗にゆかりの地で産出された稲田石。
わくわくするような組み合わせの墓地ができあがりました。

 

お墓の引越しには関係業者の協力が必須です

今回のお引越しにはお客様が連絡を密にとってくださったことをはじめ、引っ越し元のお寺や石材店(野村石材さん)や運搬業者、加工業者(坂口石材工芸さん)の大きな協力がありました。

ひとつのお墓がつないでくれたご縁に感謝です。

 

 

お気軽にお問合せください。うめ家石材店047-387-3834受付時間 8:00-17:00 [ 火曜定休・年末年始、お彼岸お盆除く]

オンラインでのお問合せはこちら